森も身体も健やかに

夫が沖縄出身なので、沖縄に帰省するようになりました。

沖縄に帰省すると義父といろいろな話をするのがなかなか楽しいです。義父は漢方薬局を開設していたので代替医療に詳しく、しかも勉強家。読んだ本を紹介してくれます。

義父は今、農法の本を読むのが一番楽しいそうです。義父は「森は大切。だけど、森が育っていくのに自然に任せていると森は健やかに育っていかないんだ。

木の種が自然の力で蒔かれて芽吹くと、根が深くて張れずに、枝葉ばかり伸びて、頭でっかちの不安定な木に成長する。

森も、作物も人の手助けを受けながら成長していく方がより健やかに成長していく。」

といった感じのことを言っていました。

 

この話をしているときに、人の身体も痛みや不調があったら人の手でメンテナンスをする方が健やかでいられるよなあ、と思いました。

薬で長期的に症状を整えていると、身体にそれなりに影響が出ます。(これは農法で例えると、農薬をどんどん使う方法になるのかな、と思いました。)

 

身体が辛い時に、ふと支えてくれる手があることで健全さを保てるということはあると思います。

そんな手でいられるように、自分の手を育てながら、元気でいられるようにお手伝いをしていきます。