鍼灸へのこだわり

■身体の歪みや反応を読み取る

病院は泌尿器、循環器など特定の器官や病気を扱っている専門の科があります。これは身体を臓器や部位に分けて治療をしていくからです。

しかし、鍼灸では、身体全体を1つとして捉えて治療する為、専門の科というものがありません。

どんな症状でも全身を観察して、身体全体を変化させ、症状を改善を導きます。

身体を1つとして捉える鍼灸で必要なのは「身体の歪みや反応を的確に読み取る力」です。

身体が発している反応を読み取ることで「身体に変化・改善を起こせる鍼」がうてるようになります。

当院では、身体から発している声を聴き、反応(ツボ)を捉え、身体を根本から変化・改善させていきます。

その人の身体が動き出す一穴(ツボ)を見つけます

当院は、クラニオ整体で身体を緩めてから鍼灸の施術を行ないます。

クラニオ整体で身体を緩めていく際に、身体の反応を読み取り、「その人の身体(症状)が動き出す一穴」を見つけます。

何百というツボの中から「その人にとっての一穴(ツボ)」を見つけるのは簡単なことではありませんが、その一穴こそが身体を大きく変化させる大事なツボになります。

その方の身体に合った鍼を選びます

1人1人、お身体もお悩みも違います。その為、その方の身体や症状に合った鍼を選んで施術しています。

*鍼が写真に写るように、長い鍼で撮影しています。基本の鍼はもっと短く細いです。

お灸も併用します

症状によってお灸が大きな力を発揮します。

お灸は、艾(もぐさ)を捻って小さな円錐形を作ります。お灸の大きさはわずかゴマ粒ぐらいで、燃え尽きる時にチクッとした刺激があります。