院長紹介

はじめまして。涼鍼灸院の喜納涼子(きな りょうこ)と申します。わたしは鍼によって身体が大きく変化することを体験し、鍼の魅力に引き込まれてしまいました。

 

多くの方にとって「鍼は怖い、痛い」もの。好んで身体に鍼を刺したい人はあまりいません。

人に恐がられる鍼ですが、効果が大きいので手放すことも出来ず、どうしたら鍼の施術が安心して心地よいものになるのか研究するようになりました。

痛みの感じ方は個人差がとても大きく、私が優しいと感じる鍼の刺激でも他の人には痛いと感じることがあります。誰もが安心して受けられる鍼の施術とは…難しいですね。

まず最初に出来ることは使う道具の工夫です。わたしは0000番という一番細い鍼で施術することにしました。鍼を見せると多くの方が細さに驚きます。(体質に応じて0.何㎜か太い鍼も使用しています。)

極細の鍼を使っても鍼は身体に刺すものなので、チクリとすることはあります。しかし、堪えるような痛みはなく、皆さんリラックスして施術を受けています。

 

鍼灸はツボ(身体が変化する反応点)を刺激しますが、ツボ刺激は軽くても十分効果が得られます。その人にちょうど良い刺激を探して施術しています。

 

身体には優しく触れます。クラニオ整体は5グラム圧(10円玉1枚が4.5g)の触れる程度のタッチで施術しますが、わたしはもう少し強いタッチで触れています。

 

身体に触れることは、身体から様々な情報を読みとることです。わたしは身体を見たり触れたりした時により多くの情報を得られるように、時間をかけて手を育ててきました。

お悩みの症状がなぜ起きたのか、身体に手で触れながら読み解いていきます。

免許番号

日本体育大学 体育学科卒業

東京衛生学園  東洋医療総合学科卒業

厚生労働省認定【国家資格】「鍼灸マッサージ師」取得

鍼師 免許番号120943号
灸師 免許番号120861号
あん摩マッサージ指圧師 免許番号1179868号

職歴