PMS(月経前症候群)・月経痛

PMSや月経痛は腹痛・腰痛・吐き気・頭痛などの様々な症状を起こします。薬やピルで治療する方法が主流ですが、薬で症状改善が上手くいかない方が鍼灸の施術を選択されます。

鍼灸でPMSや月経痛を改善する

PMSや月経痛の問題を抱えている女性の身体は、「血の働きが足りていない」「血の流れが滞っている」などの問題を抱えていて、肌の血色の悪さや、毛細血管の詰まりなどが観察できます。

鍼灸は、血の働きをとり戻し、血の流れを良くすることで、PMSや月経痛が起こらない体質に変えていきます。血の機能が高まると、血色が良くなっていきます。

身体に優しく作用する鍼灸の施術

薬は薬効がありますが、副作用も起きます。また、その人の持っている身体の力を引き出しす施術とは根本的に違います。鍼灸の場合は、自分お体の力で頭痛がおきないような身体に変えていくので、副作用の心配がありません。

鍼灸により、「血の働き」を十分に引き出すことがPMSや生理痛を改善させます。毎月起こる辛い症状を根本から改善させる為に、ご自身の身体を変化させましょう。

 

関連ブログはこちら