逆子

「逆子です」と言われたら

「逆子です」と言われるのは30~32週あたりです。このあたりの週数だとまだ子宮のスペースもあって、胎児は回りやすいと言われています。

多くの逆子は、週数が進むにつれ頭を下に向けてくれるので、そのまま経過を観察するのも1つですが、週数が進むにつれ胎児が大きくなり回りにくくなるのも事実です。

逆子対策をするならば、この30~32週ぐらいの時期(推定体重2000グラム以下)に「逆子の鍼灸」の施術を受けるのが1番、逆子が回りやすいと言えるでしょう。

鍼灸で母体の状態を整える

日本の女性はがんばり屋さんが多いです。妊娠中も仕事や家事をこなし、気が付かないうちに身体に疲労が溜っています。上に小さな子がいるお母さんの疲労も問題になります。

そして、身体やお腹が硬くなっている事があります。逆子では、お腹の赤ちゃんがいつも定位置にいる事が良くあります。

多くはお母さんの身体に疲れ、むくみ、腰痛、お尻の痛みなどがあり、お腹が硬かったり、歪んでいたりしています。

本来、妊娠中のお腹は柔らかく、丸い

本来、妊娠中のお腹は柔らかく、丸いものですが、逆子のお母さんのお腹は丸い形をしていません。毎日、ちゃんと動けていても母体が良い状態であるとは限りません。

鍼灸で母体の状態を整え、胎児が回りやすい丸くて柔らかいお腹に戻しましょう。

身体とお腹を整え、逆子の灸をする

お腹の中で赤ちゃんを育てるのは大仕事です。鍼灸・クラニオ整体の施術を受けて、身体を緩めリラックスしてください。手と鍼で身体を整えた後に「逆子のお灸」を致します。

家で逆子のお灸を試したい方へ

逆子のお灸は、足の小指、爪の下角から1~2mm程度斜め下(イラストの黒い点部分)にお灸をします。ツボの名前は至陰です。

関連ブログはこちらから