逆子

医師から「逆子です」と告げられるの30~32週目あたりです。逆子が回りやすいと言われている大きさは、胎児が2000グラム以下の時で、これは妊娠31週~36週目、平均で33週目に当たります。

逆子の妊婦さんは、①いつも赤ちゃんが同じ位置にいる、②お母さんのお腹が歪んでいる、または硬い、③むくみ、腰痛、お尻や恥骨の痛みなどの症状がある、などの何かしら症状が観察できます。


本来、妊娠中のお腹は「柔らかく、丸いもの」です。お腹を本来の柔らかく緩んだ状態に戻すことが逆子を治す第1歩になります。それから、丸く柔らかいお腹を取り戻したら「逆子のお灸」を行います。

多くの逆子は母体の整えることにより、ちゃんと回ってくれます。

ご自宅で「逆子のお灸」をしてみるもの良いですね。逆子のお灸は、足の小指、爪の下角から1~2mm程度斜め下(イラストの黒い点部分)にのツボ「至陰」にお灸をします。