むちうち

むちうち症は交通事故や転倒で、身体が鞭のようにしなることで起こる症状です。

事故や転倒直後はあまり症状が出なかったのに、時間の経過とともに首肩の痛み・吐き気・めまいなど様々な症状が起こすのが特徴です。

むちうち症を鍼灸で改善する

むち打ち症で、病院の治療やリハビリで経過が思わしくない方が鍼灸の施術を希望されます。保険会社と話をして、保険で鍼灸を受けれるように手続きして来院される方もいらっしゃいます。

むちうち症の方は、身体に独特の緊張や固さがあります。この硬くなっている身体に、優しく施術し、身体本来の柔らかさを取り戻していきます。

身体から緊張が抜けていくと、首や肩の痛み・吐き気・めまい等のむちうち症状も緩和されていきます。

むちうち症で脳脊髄液減少症と診断されている

脳脊髄液減少症であると診断されている方は、鍼灸の適応外になります。この症状は患者さまをとても苦しませます。治療方法が確立され、脳脊髄液減少症で苦しむ方が1人でも少なくなりますようにと願っています。

 

関連ブログはこちら