風邪と腰痛

腰痛でヨロヨロ歩いて来た方

腰痛が酷い方が、ヨロヨロと歩きながら来院されました。ベッドに上がるもの一苦労、やっと仰向けになり、膝を目一杯曲げると落ち着き、お話しできる状態になりました。

この方は、風邪をひいてから腰が痛くなり、動けなくなったそうです。風邪症状は喉痛が少し残っているそうです。

身体から風邪を出しきると、腰痛も改善する

風邪は万病の元、というだけあって、風邪がきっかけで他の症状を起こすことは多くあります。現代では、風邪は内科、腰痛は整形外科と分けて診療しますが、身体はひとつで部分的に分けて考えないほうが良い時があります。

身体はすべて繋がている

このような時は、風邪を完全に身体から抜かなくては腰痛が良くなりません。肺の機能を高め、腎を補う鍼灸の施術をしました。

患者さまは「風邪だけでこんなに体がガタガタになるなんてねえ。」と、ため息混じりに呟いていましたが、鍼灸の施術後には身体が温まり、しっとりと汗をかいていました。

喉の痛みも治まり、歩いて帰られました。

風邪の初期や、こじらして治りきらない風邪に

風邪の初期や風邪をこじらせて治りきらない時に鍼灸の施術は適応です。むしろ、鍼灸の得意分野ですね。

風邪は自己治癒力が下がってしまっている時に罹るものですから、身体の元気をとり戻し、風邪を克服することが、今後、自分の身体の力、免疫の力となるでしょう。