肩の痛みと足の麻痺

左肩が痛くて動かない方が来院されました。この方は足に麻痺があり、杖をついていました。

 

肩が痛くて動かないので、肩の痛みが取れ肩が動くようになれば良いのですが、肩が動くようになるには健側の足、骨盤、腰の状態が改善して緩んでこないと肩が良くなっていきません。肩の症状は、腰や骨盤の症状とリンクしています。

 

当院が「全身を施術する」理由はここにあります。患者様が「悩んでいる症状はたった1つ」と感じていても、1つの症状を作るのにいくつもの原因が折り重なっています。

身体と症状は複雑に絡み合っているので、あらゆる角度から患者様の身体を診て、複雑に折り重なった症状を解いていきます。

 

当院はできるだけ早く改善するように努力をしていますが、生理的な法則に逆らうようなスピードで良くなることはありません。

ご自身の身体の力が強ければ改善が早く、身体の力が弱くなっていたり、症状がより複雑な場合は改善に時間がかかります。

 

この方の場合は、足の状態、腰の状態、骨盤の状態が改善していくと、肩の固まってるところが浮いて見えるようになりました。

そして、その塊を取ったとき、肩の痛みが取れ、肩の可動域が元に戻りました。ここまでで施術回数8回、これは早く改善したといって良い症例だと思います。