椎間板ヘルニアとワンオペ育児

腰が痛くて痛くてしょうがなかったお母さん、病院に行ったら椎間板ヘルニアと診断されました。

夫の勤務時間が長く、ワンオペ育児をしているそうです。腰だけでなく身体中がガチガチ、抱っこで肘も痛めていて満身創痍でした。

 

この方は子育て疲れによる全身の硬さや緊張があります。初めてのお子さんで気を張っていたのでしょう。身体から疲労を抜いて緊張を緩めていきます。身体の状態を変えてから、ヘルニアのある腰に触れていきます。

 

身体が緩むと血色が良くなり、顔色も表情も変わりました。お子様と一緒に来ていたので、子供を抱っこして「抱っこが楽になった」と喜んでくれました。

この方のワンオペ育児は続きます。その為、定期的に鍼灸を受けながら子育てをしています。

 

Facebook