逆子の鍼灸

逆子は妊娠周期が30~36週目ぐらいの方がいらっしゃいます。胎児の大きさは個人差がありますが、逆子は小さいうち(推定2000g以下)が回りやすいと言われています。

逆子は早い方で1回の施術で回り、回らない時は数回の施術が必要です。

 

逆子はいつも同じところに頭があったり、お母さんのお腹が硬い、歪んでいるなどの反応が読み取れます。鍼灸はこれらの身体の反応を改善させ、丸くて柔らかい、居心地の良いお腹に戻していきます。

丸い柔らかいお腹に戻して「逆子の灸」をすると大体の逆子は回ってくれます。そして、丸くて柔らかいお腹に戻ることは逆子が回るだけでなく、安産にも繋がります。

 

川口市で開業していた頃は、近くの産婦人科の紹介で逆子の方がよく訪れていました。「鍼灸で逆子が回る」と産科医も実感してくれているようです。

Facebook