逆子の鍼灸

逆子は妊娠周期が30~36週目ぐらいの方がいらっしゃいます。胎児の大きさは個人差があるので「この週数に逆子治療を受けるのが良い」と一概に言えませんが、36週目にもなると赤ちゃんも大きくなってお腹にスペースが無くなるので逆子は回りにくくなります。

逆子は早い方で1回の施術で回り、回らない時は数回の施術が必要です。

逆子はいつも同じところに頭があったり、お母さんのお腹が固かったり、歪んでいるなど、何かしら身体の反応が読み取れます。これらの身体の反応を変化させて、丸くて柔らかい赤ちゃんの居心地の良いお腹に戻していきます。

丸くて柔らかいお腹に戻すことが逆子が回ることに繋がり、それは安産に繋がります。丸い柔らかいお腹に戻してから「逆子の灸」をすると大体の逆子は回ってくれます。

 

川口市で開業していた時は、産婦人科の紹介で逆子の方がよく訪れていました。当院は出来るだけ経膣分娩できるようにお手伝いしています。