逆子の鍼灸

逆子は妊娠周期が30~36週目ぐらいの方がいらっしゃいます。逆子は早い方で1回の鍼灸で回ります。回らない時はそのまま続けて鍼灸を受けてもらいます。

基本的に、健診の日の前々日ぐらいまでに鍼灸を受けて頂き、逆子が回っているかを健診でチェックしてもらいます。

 

逆子はいつも同じところに頭があったり、お腹が硬い、歪んでいるなど母体にさまざまな反応が出ています。そんな反応を緩め、身体を楽な状態に導き、母体のお腹を丸くて柔らかい状態に戻していきます。

逆子の原因ははっきりとしていませんが母体を整えることで逆子が回りやすくなり、安産に繋がります。

 

川口市で開業していた頃は、近くの産婦人科の紹介で逆子の方がよく訪れていました。「鍼灸で逆子が回る」と産科医も実感してくれているようです。

 

Facebook