乳がんによる乳房切除と人工乳房(エピテーゼ)

女性にとって乳房は大切なかけがえが無いものです。女性は自分の乳房を大切に思っています。

しかし、この大切な乳房を切除しなくてはならない病気になってしまうことがあります。乳房切除は心と身体への負担が大きいですが、それでも命のほうが大切です。

乳房はけっこう重さがある

また、乳房は物質的にも重さがあり、乳房を切除することで身体への重心が大きく変わることがあります。その影響で、背骨が大きく歪んでしまった方が来院されました。

また、胃の動きが悪くなり、食欲不振、不眠、膀胱炎などの症状が頻繁に起こるようになりました。

乳がんの手術後の体の変化や体調不良に、鍼灸の施術は役に立つ

乳がんの手術後にいらしたこの方は、身体のバランスがうまく取れず、身体を固めて過ごしていました。本当にガチガチでした。それに伴い内臓の動きまで停滞してきていました。

このような身体の状態にこそ鍼灸です。

ガチガチに固まっている首・肩・背中の状態に柔らかさ、緩みを取り戻させ、内臓が活発に動けるように変化を起こします。

鍼灸の施術の回数を重ね、血色の悪かった顔色が変化し、元気をとり戻していきました。

元気をとり戻すと、人口乳房(エピテーゼ)を作りに出掛けられました

この方は鍼灸の施術で元気をとり戻していくと、人口乳房(エピテーゼ)に興味があることを話してくれました。

人口乳房(エピテーゼ)とは

医療用具として体の表面に取り付ける人工物で、シリコンで作られいるそうです。

今は、乳房再建という選択肢もありますが、乳房再建のように外科的手術がないエピテーゼは体の負担が少ないという利点があるそうです。

エピテーゼは、色や形・乳房の柔らかさを自分の好みにオーダーでき、さらに体形の変化に合わせて作り変えていくことできます。

切除前に型をとれば、切除前と同じ形の胸をつくることもできます。エピテーゼは本物そっくりに出来上がるそうです。

元気をとり戻すこと、それは、自分がやりたいことへの行動を起こせるということ

患者さまは、エピテーゼを着けてご家族で温泉に行きたいそうです。その夢に向かっての第一歩を進むことができました。

きっと、家族で温泉旅行にいける日も近いのでしょう。楽しみですね。

人口乳房についてのサイト

乳がん患者に優しい選択肢・人口乳房
BREAST CARE Kyoto