つわりと鍼灸

つわりは胃に影響がでて、吐き気、嘔吐、食欲不振などを起こします。鍼灸はつわりのタイプを下記のように分けて、鍼灸につかうツボを選びます。

①脾胃虚弱…食べれない、よだれが多い
②肝胃不和…お腹が張ったり、情緒面に影響が出ることも
③痰湿…むくみ、食欲不振

 

今回、つわりで来院された方は①脾胃虚弱タイプでした。頭に熱がこもっていて、よだれがよく出ます。最初に仰向けで吐き気止めのツボを優しく刺激すると少し変化がありました。

 

つわりの方は頭や首やデコルテに熱が溜まっています。この熱が身体の外に出るように鍼で表皮を擦り、熱を逃していきます。

 

この方が来院された時は、蒼白なのに顔はうっすらとのぼせの赤みがさし、体調が悪いのが一目でわかりました。

施術後は身体の気血の流れが良くなり、蒼白から肌色に変化しました。脈も安定しました。

後日、比較的楽に過ごせていると再予約を頂き、安堵しました。

 

鍼灸はつわりを軽くするのか、つわりに耐えられる身体にしているのか…。鍼灸でつわりを和らげますが、つわりが消えるのではないので、「ぜひ鍼灸を!」と力強くお勧めすることは出来ないのですが、わたし自身は鍼灸でつわりを乗り越えました。鍼灸を受けていると、受けていない時と比べて楽に過ごせました☺️