耳鳴りと六十肩

「耳鳴りが辛い」と来院された方がいます。耳がキンキン鳴っていて、生活に支障があるとのことでした。

他にも六十肩、胃腸障害、だるさでいつもの生活が送れないそうです。

 

1番辛いのは「耳鳴り」ですが、耳鳴りはどれぐらい改善したのかが測りにくいので、六十肩の改善を測りながら身体の変化を観察することにしました。

 

肩関節は

①腕が横に75度程度まで挙がる

②手を後ろに回し、何とかお尻に触ることができる

ぐらいの可動域です。洗濯物を干す時と物を持つ時は不自由ですが、痛みが少ない為、その他は不自由を感じていません。

 

この方には予約の関係で、隔週のペースで通って頂きました。

そして、ちょうど鍼灸の施術が12回終わる頃に六十肩がほぼ正常に動くようになりました。

肩が普通に動くようになった頃、「耳鳴りの音が小さくなって、気にしないで生活していた」と報告を頂きました。

耳鼻科で聴覚検査を受けると、聴覚が少し減退していたのが正常に戻っていたそうです。

 

鍼灸は全身に働きかける施術なのて、色々な症状に変化が起きます。

ゆっくりと身体が変化していく為、どれぐらい改善しているか分かりにくい場合もありますが、この方は日常生活で息絶え絶えになっていたので「気が付いたら普通に生活を送っていた!」と大喜びでした。

 

日常は何よりも大切です。それを取り戻すお手伝いができて嬉しいです。