ええんじゃないか祭

毎年、福祉施設が開催する「ええんじゃないか祭」に参加しています。ええんじゃないか祭はエイサー(沖縄の踊り)で始まります。

このエイサーは見ているとなぜか目頭が熱くなります。すごく上手なエイサーではないのに感動します。

このエイサーを演舞しているのは薬物依存症だった方々です。もしかしたら人生のどん底から這い上がった人の底力を感じ、目頭が熱くなるのかもしれません。

施設の職員が「私も昔、薬で体も人生もボロボロでした。」と明るくカミングアウトしながらその施設の説明をしてくれました。薬物依存の過去があるように見えない、明るい方でした。

なんの障害なのか分かりませんが「今年はコスプレに挑戦してみました」と、今できることを精一杯やっている自分を職員に報告している方もいました。

 

薬やアルコールに依存してしまった人、障害を持って生まれた人、その人達がありのままの自分を受け入れ、そこからどう変化していくかを支援する仕組みがあります。

人が人を支えることで良い方向に変われる、人生が好転するのだと、祭りを通して感じています。

 

お祭りの名前は、ありのままの自分で「ええんじゃないか」といった意味だと聞いた気がします。

ありのままの自分でいるというのは健常者でも難しいことです。健常者も障害者も生きていく上でのテーマは似通っているのですね。

 

うちの子は、ステージで歌と踊りを披露しました。いくつまで恥ずかしがらないでオンステージを楽しめるのでしょう。

来年も楽しみです。