臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)

腰痛や股関節の痛みで整形外科にかかり、「臼蓋形成不全」と診断された方が来院されます。

臼蓋形成不全とは、股関節の噛み合せが浅く、股関節に負担がかかりやすい構造になっている股関節のことです。

症状は腰痛や股関節痛が起きますが、経過の良い疾患です。

 

臼蓋形成不全は股関節の作りが弱く、後年、「変形性股関節症」を発症し易いと言われています。

その為、早期から腰や股関節のメンテナンスを始め、腰や股関節を良い状態で過ごすと良いでしょう。

月1回でも腰や股関節のメンテナンスをしていると、変形性股関節症の発症予防に繋がります。