臼蓋形成不全

臼蓋形成不全とは、股関節の噛み合せが浅い(かぶりが悪い)関節のこと

股関節の噛み合せが浅いということは、関節がぐらつき、ズレが起こりや憂い状態であるために股関節に負担が掛かります。

この関節の状態で痛みがある方は、後年、変形性股関節症になりやすいと言われています。

股関節の変形が無い、臼蓋形成不全のうちに手を打っておく

ご自身が臼蓋形成不全と知っている方は、股関節が痛くて病院を受診し、レントゲンを撮ったことがある筈です。

痛みが続くようでしたら、臼蓋形成不全のうちかに股関節を鍼灸でメンテナンスしておきましょう。股関節が良い状態に保てます。

ご自身の身体の弱いところに早めに対応していくことが、後年、痛みに悩まず楽に過ごせることに繋がります。

股関節の変改が起きていない臼蓋形成不全のうちは症状コントロールがしやすい時期になります。