手足のこわばり

リウマチに似た症状で、手足や肘、膝の関節にこわばりがでる症状があります。

患者さまはこの症状をずっと経過観察しています。ハッキリとした診断が出ないことがストレスだと言っていましたが、リウマチと診断されるほうが深刻です。

この方のように、病気と診断されない症状で苦しんでいる方は多くいらっしゃいます。

明確な施術方法もなく、症状とうまく付き合っていかなくてはなりません。今は現状を受け入れ、鍼灸の施術で症状を緩和させながら生活を送っています。

鍼灸の施術により、こわばりを緩和すると関節の動きがスムーズになります。

鍼灸の施術を受けていると「日常生活に問題がなく、元気に動ける」と施術を継続されています。