リウマチのようなこわばり

朝のこわばり、指や肘、膝の関節にこわばりが出るという症状でお悩みの方。

基本的にこわばりは動いていると徐々に和らいでいきます。調子が悪い日はこわばりが和らかず、階段の昇降が困難です。

検査でリウマチや膠原病は陰性、他の病気も見つかりませんでした。

 

患者さまはこわばりに苦しみ、「病名さえ分かれば」とよく仰っていました。

患者さまの頭の中に「病名がわかる=治療方法が見つかる=こわばりからの解放」といった図式が、頭に浮かんでは消え、消えては浮かんでいる様子でした。

 

この方は鍼灸を受けると、関節の動きが良くなり、日常生活は問題なく送れるようになりました。

元気になってくると、パートもゴルフも始めました。

こわばりが全く出なくなった訳ではありませんが、鍼灸を利用して調子良く過ごしています。