股関節の手術は生涯で1回だけにしたい

変形性股関節症の末期と診断されている方が来院されました。この方は「人工関節の技術が進んで、人工関節がもっと長持ちするようになってから手術をする」と心に決めて頑張っています。

この方が医師から手術を勧められたのは還暦の頃ですが、「今の年齢で人工関節にすると再手術が必要になるだろう」とも言われました。この言葉を聞いてこの方は「股関節の手術は生涯で1回だけにしたい」と考え、リハビリで頑張ってきましたが、最近、痛みが強くなり歩くことがおぼつかなくなりました。

そして、当院に通うお孫さんが鍼を勧めてくれました。

 

この方に足の長さの差は3センチ、入れているインソールは1.5センチです。股関節はかなり硬く、胡坐のような足の形は出来ません。股関節を曲げるのはすんなり動きます。股関節を曲げる動きがスムーズな為、歩くことにあまり不自由しないで来れたそうです。

 

ガチガチだった股関節や下肢の筋肉が緩く変化すると、歩き方が変わりました。施術を重ねると脚長差が約5ミリになり、ソールは市販の薄いものに変わりました。末期といわれる股関節症でしたがかなり動きが良くなりました。

 

この方とは何年ものお付き合いとなりました。数ヶ月に1回、整形外科で画像診断を受けていましたが、股関節の変形に進行がないので、積極的に手術を勧められることもなく、鍼灸とリハビリで過ごしていました。

 

しかし、私が産休を頂いて8ヶ月が過ぎた頃、股関節の調子がかなり悪くなったと連絡を頂きました。そして、「手術しよう。」と決心したそうです。

人工関節の使える年月は個人差がありますが十数年で、まだ、何十年と使い続けられる耐久性はありません。その為、伸ばしに伸ばした手術ですが、ご本人は「今が手術する時なんだと感じた」そうです。

手術の前にも鍼灸を受けて「迷いなく、良い時に手術に進める。今までありがとうございました。」と仰っていました。この方は人工関節に慣れるのに数ヶ月、リハビリを頑張りました。人工関節に慣れると随分と生活しやすくなったそうです。