変形性股関節症の手術を生涯で1回にする為

変形性股関節症の末期の方が来院されました。この方は変形性股関節症を発症してから今まで、「もう少し手術の技術が進まないかな」と保存療法で頑張ってきたそうです。

 

医師から手術を勧められたのが還暦を迎えた頃ですが、この時に手術をすると大抵の場合は再手術が必要になると言われました。

「生涯、股関節の手術は一回だけにしたい」と今までリハビリで頑張ってきましたが、この所、痛みが強く、歩くことがおぼつかなくなってきた所、お孫さんが当院を紹介してくれたそうです。

 

この方は、左右の足の長さの差は3センチ、入れているインソールは1.5センチでした。

鍼灸の施術を続け、ガチガチだった股関節や下肢の筋肉が緩くなり、歩き方が変わりました。鍼灸の施術を重ね、脚長差が約5ミリに変化し、ソールは市販の薄いものに変わりました。

 

この方は何年ものお付き合いとなりました。何ヶ月かに一度、整形外科で診断を受けて、股関節の変形に変化なし。進行がないので、積極的に手術を勧められることもなく、鍼灸とリハビリで過ごしていました。

 

患者さまが、手術を決めたのは私が産休を頂いて8ヶ月が過ぎた頃でした。この頃から痛みが強くなり、股関節の動きが悪くなり、生活が大変になってきたそうです。この時には、「手術しよう」とすんなり思えたそうです。今なら、手術は生涯一回で済むだろうとも思ったそうです。

 

人工関節は今のところ、生涯使い続けられる物ではありません。その為、この方は長く保存療法で過ごされていました。でも、「今が手術のタイミングだな」と自然と思え、人工関節にしました。手術して良かったと仰っていました。患者さまとお話しする機会があり、そのような気持ちを聞けて安堵しました。

 

患者さまからは今年も年賀状を頂きました。お元気にお過ごしのようです。