変形性股関節症の初期

変形性股関節症、男性50代の方です。変形性股関節症の初期と診断されています。

股関節は硬く、痛みは1年以上前から続いています。歩行に問題はありません。1センチ程度の足の長さの差(脚長差)があります。

この方は、股関節周りがとても硬かったですが、4回の鍼灸の施術で改善しました。変形性股関節症も初期と言われるうちは改善が早いです。