変形性股関節症の初期

変形性股関節症の初期と診断されている方が来院されました。

この方は50代の男性で、痛みは1年以上前から続いているそうです。股関節に痛みはありますが、歩くことは出来ます。足の長さの差は1㎝程度です。

胡座をかく動きが固く、胡座では触れません。腰も股関節もとにかく固くなっていて、本来の柔らかさに戻すのが大変でした。

 

4回の鍼灸の施術で股関節に柔らかさが戻り、股関節が正常に動くようになりました。

やはり初期症状は改善が早いです!これからは、股関節をメンテナンスして過ごし、股関節の変形が進まないようにしましょう。

 

Facebook