手術後のしわがれ声

手術をしてからしわがれ声になった方が来院されました。会話をしていると声が出なくなってしまうそうです。

手術後のしわがれ声は、手術の挿管の時に気管周囲の神経が圧迫されて、反回神経麻痺が起きて起こります。医師からは手術は成功して、反回神経も傷ついていないので徐々に声は戻る、と言われています。

しかし、手術してから3週間経ってもしわがれ声が回復していかない、首肩こりも酷いので鍼灸院に来ました。

 

手術痕は何箇所かあり、引き攣れて凝りを強くしていました。右の肩甲骨の位置も上に持ち上がっています。

首肩こりを改善し、傷の引き攣れも改善しました。鍼灸の施術を続け、私は3ヶ月経った頃に、この方の声が戻ったと感じました。

しかし、患者さまは「まだ疲れると声が細くなるし、大きな声が出ない。以前とはまだ違う。」と仰っていました。

 

それから更に3ヶ月過ぎた頃、しっかり大声が出るようになり、カラオケも気持ちよく歌えるようになりました。手術から6ヶ月、それなりの期間を要しましたが、以前のように声が出るようになって良かったです。

 

Facebook