膝が痛い、正座ができない、しゃがめない

膝が痛い、正座ができない、しゃがめないといった症状の方、3人を担当していました。皆さま60代で、男性1人、女性が2人です。膝関節の変形度合いはそれぞれ違いましたが、激しい変形はなく、1名のみO脚気味です。

 

皆さん、動くこと、日常生活が大変そうですが、膝の変形が初期~中期に分類できるので、膝の動きは回復するだろうと判断しました。

 

私は全員に「絶対とは言えませんが、膝の動きは戻るし、正座もできるようになります。」と説明しました。

通院は週1回の3か月、回数で12~14回が目安でお願いしました。(真面目に通院したのは女性2名、男性はランダム通院でした。)

 

今年はとても暑い夏でしたが、皆さん汗だくで通院してくれました。

鍼にそこまで効果があると信じられない女性は、最初、「帰りは足取りが軽いけど、どこまで膝の状態が戻るか今は分からない。私にとっては鍼は投資で、投資の結果が望むものに届くか分からないけれど、このままの膝では生活は出来ないので通ってみる。」と仰っていました。

正直なお気持ちを話していただいたと思います。本当に改善するか不安ですよね。

 

膝関節の変形初期から中期の場合の多くは改善しますが、必ず改善するとまでは約束できません。だけど、鍼は自費治療なので、それなりの金額を頂戴します。

私は「改善する」と言った自分の言葉に責任とプレッシャーを感じながら、いつも施術をしています。良い結果でよかったです😊

 

ランダム通院していた男性は正座が出来るようになりましたが、正座する膝に硬さが残っています。

でも、日常生活に問題がなく(正座する機会がない)、痛みもないので施術のゴールはここで良いそうです。

「忙しいから、毎週なんて通えないからね。」との事。今も来れる時に来て身体をメンテナンスしています。

施術のゴール設定は人それぞれですね。

 

症状が改善したからといっても、いきなり鍼を止めるのではなく2週間に1度、3週間に1度、1か月に1度…と回数を減らしていきます。

膝の場合は月1回のメンテナンスで大丈夫であればとても優秀です。

 

膝軟骨の変形は症状が進むと、酷い痛みや手術するか悩まなくてはならなくなります。そんな重い悩みを持つぐらいなら、鍼でメンテナンスをしながら、自分の膝で元気よく過ごせるほうが良いと私は思っています。

 

Facebook