顔面神経麻痺(ベル麻痺)とめまい

顔面神経麻痺(ベル麻痺)とめまい症状がある方が来院されました。

顔の麻痺を発症して1ヶ月経過した時に「鍼灸を始めるならば今の時期からが良いでしょう」と医師に言われて来院されました。

麻痺の症状は、

額のしわがよらない
閉眼が出来ない
口角が動かない
疲れた時にめまい
耳痛はほぼ改善

といった感じです。麻痺の程度は重いと言えます。

鍼灸ではまず麻痺が起きてしまう身体の状態、体調から変化させます。この方の身体は力がなく、とても浮腫んでいました。

 

始めはめまいが改善し、その後、顔の麻痺も順調に改善していきました。

通院3ヶ月(週に1〜2回の施術)で麻痺は目立たなくなりました。