手術痕の痛みと癒着

手術後に腸閉塞が起きて、再手術を2回した方が来院されました。腹部にある手術痕は縦に30センチと大きく、傷痕が引き攣れていました。癒着が強いです。

この方は胃が重い、食欲の低下、首肩こり、背中の痛み、足がイライラするなど、多岐に渡る症状でお悩みです。

 

鍼灸を受けるとお腹や背中が柔らかくなりました。「身体に滞りがなく、身体に何がちゃんと通った感覚になった」と驚いていました。

何回か施術を続けると、排便し易くなり、胃腸の調子が良くなりました。お腹の傷が柔らかくなると、随分お元気になりました。

 

Facebook