腸閉塞の手術後の不調

術後に腸閉塞を起こし、緊急手術をした方が来院されました。(連続2回手術をしたそうです。)腹部にある傷痕は、何センチにもわたり大きかったです。傷痕が引きつれ、癒着があるようでした。

鍼灸院では手術痕を見ることが多く、最近の手術痕は小さいものが多くなり、手術の技術が躍進的に進歩した事を感じていました。

しかし、病気によって、大きく開腹しなければならない場合は、今も多くあります。

大きな手傷痕になると、身体に歪みを生み、身体の負担や不調に繋がることが多いです。

縦に大きな傷は触れると、とても硬さがありました。胃が重く、食欲も低下しているそうです。首肩こり、そして背中のゆがみとこり、足がイライラする症状をお持ちでした。

鍼灸の施術後に、お腹や背中が柔らかくなりました。「身体が、何かちゃんと通った感覚になった」と驚いていらっしゃいました。排便の状態がよくなったことも喜んで下さいました。

胃腸の状態が良くなり、お腹の傷が柔らかくなると、随分お元気になりました。