育児は疲れが溜まるもの

育児はどんなに楽しんでいても、疲労が溜まってしまう…と思っています。

夜泣き、癇癪、抱っこ…夜中も授乳で起こされて、睡眠が妨げられて、自分の身体のリズムが無視され、疲労が回復していきません。

 

家事と育児に追われていると疲れていることに気が付かなくなります。そして、気力で動いてしまう…これが母力でしょうか。

私は身体の状態が感情に反映するので、「子供にすぐに怒っちゃうな…」と感じる時は疲れが溜まっています。

疲れている時はすぐに鍼や整体に行きます。身体が楽になると育児も家事も楽に気分良くこなせます。

 

当院にも育児疲れのお母さんが来院されています。

授乳でやせ細った、身体や足が浮腫む、眠れない、腰痛…など、お母さんの身体の悩みも様々ですね。

抱っこのたびに身体がギシギシ痛むのに耐えながら育児しているより、一旦、身体をリセットするのは良いですね。

お母さんが元気になり、育児を楽しめると理想的です。と言っても、私は育児は楽しいと思うけれど、よく怒ってしまい反省する日々です。笑