過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)と診断されている方が来院されました。長い間、下痢で苦しんでいます。疲労感や多汗の症状もあります。

「今まで長い期間がんばってきた身体だから、ゆっくりと治すの」と仰り、隔週で通って下さいました。

 

便に変化が出たのは3ヶ月がすぎた頃です。

まず、下痢が軟便に変わりました。そして、また暫くすると、軟便に形が付くようになり、便の色も黄土色から茶色に変化しました。

便の状態が良くなると、疲れにくくなり、汗も減りました。

患者さまは「調子が良いかも?」と思い、自主的にラックビー(ビフィズス菌)の服用を中止してみたそうです。

それでも便の状態は良いままで「私は何も飲まなくても普通に暮らせる。私の身体は変わったんだ!」という自信が溢れてきたそうです。

それから、よくお出掛けをするようになりました。元気になって良かったです。