欠けた膝の軟骨が膝をロックして、膝が曲がったまま動かなくなってしまう症状

関節ネズミと呼ばれる症状があります。(正しくは関節内遊離体)これは、膝軟骨が欠けて、関節腔内に浮遊している状態です。この欠けた関節軟骨が関節腔内を動き、膝関節に挟まり込まれ、激痛を起こしたり、膝が動かない状態にしてしまう症状です。

この方は膝の痛みが強く、時々、膝が曲がったまま動かなくなります。膝が動かなくなると、膝が動くようになるまでずっと横になって待つそうです。

膝が曲がったまま動かない時に鍼灸の施術を受ける

この方は鍼灸院に来た時に、膝が曲がったまま動かない状態になりました。

膝が動かない状態で鍼灸を受け、動かない膝が鍼灸の施術で動くようになるという体験したことで、「鍼は効く!」と感じ、そのまま鍼灸の施術を継続して受けてくれました。

関節ネズミが膝蓋骨に付着し、膝蓋骨の一部になるという変化

そして今、あれほど悩んでいた関節ネズミは膝蓋骨の横に付着し、膝骸骨の一部となりました。膝の曲げ伸ばしに問題はなく、正座もできるようになりました。関節ネズミは、膝の上から触れることができます。

こんな変化を起こすなんて、人間の身体はすごいですね。

この方は70代になりましたが、今も正座ができます。関節ネズミはいたものの、膝の変形が少ないうちから鍼灸の施術を受けたのが良かったのでしょう。

膝が良い状態で何年も過ごしている方の症例です。