関節ネズミが膝蓋骨の一部になった

鍼灸の効果で「すごい!」と驚いた症例です。

膝が痛い方が来院されました。この方の膝は、膝の軟骨が欠けて関節内を動き回っています。(これを関節ネズミと呼びます)

 

この欠けた軟骨は膝関節に挟まり、膝をロックさせます。ロックがかかると膝は全く動かなくなります。

この方の膝はロックがかかった時に動かそうとすると激痛が走るので、ロックが解けるまでひたすら横になっているそうです。

 

この方がベッドに乗ろうとした時、「あ〜来ちゃった。」と仰って痛そうに顔をしかめました。ベッドに上がる動作で膝にロックがかかってしまったのです。

 

この方はそのままベッドに横になり、鍼をすることで膝のロックが取れていくという体験しました。

ロックの自然解除には時間がかかり、無理に動かそうとすると激痛が走りますが、今回は鍼をする事で劇的にロックが解除したので「鍼はすごい!」と感激してくれました。そして、長く鍼灸を続けてくれました。

 

ある時、お膝を見ると関節ネズミが膝蓋骨の横に付着し、膝骸骨の一部となっていました。膝蓋骨にくっ付いたので、関節ネズミが膝内を動き回ることがなくなりました。

膝蓋骨にくっ付いた関節ネズミは表面から触ることができます。膝蓋骨の動きは全く邪魔しません。正座も出来るようになりました。

 

この患者さまは70代になった今も、膝の動きに問題なく元気に過ごしています。こんな変化が起こるなんて身体の力はすごいですね!

Facebook