腰の椎間板ヘルニアの手術後

1年3ヶ月前に旅行先で転倒し、椎間板ヘルニアの緊急手術を受けた方が来院されました。

椎間板ヘルニアは脊髄性だったので緊急手術が必要だったそうです。

手術は成功しましたが、左足の痛み、冷え、シビレがあります。そして、左足の親指が挙がらず、左足を少し引きずらないと歩けません。

 

施術1回目、足の筋肉は柔らかくなり、足指がほんの少し動くようになりましたが、歩行の改善はありませんでした。

施術を5回目には、丸まった背中が伸びて、真っ直ぐに立てるようになりました。足首が持ち上がりやすくなり、足を引きずらなくなりました。

背筋が伸びて、足を引きずらないと以前よりは随分楽になったように見えます。

 

患者さまの手術痕はとても大きく、身体に変化を起こすのが容易ではありませんが、もう少し施術を重ねて、身体を変化させましょう。

施術を重ねていくことで痛み、シビレ、冷えが緩和し、もっと歩きやすくなるでしょう。