椎間板ヘルニアとギックリ腰

椎間板ヘルニアがある方がギックリ腰のような症状になり、ひどい痛みが起きました。

これほどの痛みは鍼灸を受けても簡単に良くはなりません。酷い痛みを抱えているのはしんどいと思い、「ブロック注射と鍼灸を併用して、痛みを鎮痛剤で抑えながら治療する方法もありますよ」とお伝えしたところ、ご本人には鍼灸で改善したいという強い意志がありました。

 

この方は、最初の椎間板ヘルニアの時は手術をしました。症状が再発したので、また病院を受診すると、「医師から別の場所が椎間板ヘルニアになっている」と言われました。今回は椎間板ヘルニアの手術は勧められなかったし、ご本人も手術は望んでいないそうです。

確かに2回目の手術をしても、またどこかからヘルニアが飛び出してしまったら、どうしようもありません。手術を避ける気持ち、よくわかります。

 

とはいえ、椎間板ヘルニアがある方がひとたび痛みが出始めると、痛みはとても激しく、見ている方も辛くなります。日常生活も辛いと思います。

通院できるのか危ぶまれましたが、何とか通院して頂き、やっと痛みがピークアウトしました。動きも以前の動きが戻ってきています。症状が落ち着いてきてよかったです。

 

椎間板ヘルニアは、状態によりますが、手術するかしないかは難しい問題です。急性期の激しい痛みが起きずに、何とか手術なしで症状が安定すればよいのですが、手術を選択せざるを得ない場合もあります。

激しい痛みを伴っている方が鍼灸を必要としている方がいる時は、適切な鍼灸の施術を提供できるように、その方の痛みや症状ときちんと向き合っていけるように知識や技術、経験を積んでいきたいと思います。