変形性股関節症で痛いけど歩けるぐらいの方

ご紹介で変形性股関節症の方が来院されました。股関節が痛く、病院から変形股関節症と診断を受けています。歩けるけれど痛い、靴下を履けない、股関節の屈曲が難しく、ちょっとした内転や外転時にも痛みがでます。

 

股関節のような大きな関節は改善が大変です。まずは痩せている筋肉が元のように機能するように鍼をします。そして痛みが出ないように、可動域が広がるようにしていきます。

この方には3か月週1回の施術がワンクールとお伝えしました。施術の6~7回目の時に「言い忘れていたけど、痛み止めはもう飲んでいません。」と仰っていました。

 

年内でちょうど施術のワンクールが終わりました。痛み止めの服用はしなくなりましたが、痛みはまだあります。股関節の可動域が広がり、立位での靴下の着脱が以前より楽になりました。股関節自体がかなり柔らかくなってきています。

ちょうど病院の受診の日があり、病院の先生は「今のまま頑張ってください!」と褒められたそうです。

 

まずは股関節の変形が進まない事が一番の目標です。そして股関節の痛みがもっと減るように、股関節の機能がもっと戻るように鍼灸をしていきます。来年もよろしくお願いいたします。