夏の膀胱炎

膀胱炎の来院は夏と冬に多く、夏の膀胱炎は汗をかくことで尿量が減り、膀胱に細菌が入りやすくなって起こります。

当院には膀胱炎が薬で改善しない、膀胱炎を繰り返す方が来院されています。膀胱炎の方は夏でもお腹が冷えていて、浮腫みがある方が多いです。

 

今日の膀胱炎の患者さんは、鍼灸の後からお腹の違和感が消え、身体が温かいとおっしゃっていました。

鍼灸の施術後はトイレに行き、しっかりと排尿したそうです。

お昼の時間だったので、昼食は温かい食事にして、水分をとるようにお願いしました。

 

鍼灸の後は循環が良くなり、溜まっていた水分が汗や尿から排出されます。

鍼灸は身体が水を溜め込まない代謝の良い状態へ変化させ、膀胱炎を改善していきます。