足の裏の痛み(足底筋膜炎)

足底筋膜炎と診断されている方が来院されました。

いくつか施術は受けたけれど改善しないので、鍼を受けてみようと、ちょっと緊張しながら来院されました。

 

見ると、右足首から下が張って腫れていました。

それから、腰もガチガチで足が少し痺れていました。

 

足首から下に鍼をするのをとても怖いと感じるそうですが、鍼は触れる程度から薄皮一枚切るぐらいですから痛くありません。

鍼をすると足首から下がワ〜ッと一気に緩み、患者さまが感じ、「あ、楽になった」と仰いました。

 

この方に足底筋膜炎が起きるのは、腰の状態が悪いからです。

その為、腰を中心に身体を整えました。

刺激に敏感な方なの、鍼を響かせない優しい施術をしました。

 

施術が終わると歩いても足に痛みがない、腰も軽いととても喜んでくれました。

足底筋膜炎は足に施術をすれば、足の痛みは改善します。

しかし、当院では足底筋膜炎が再発しないように、この方の場合は足底筋膜炎を起こす原因は腰なので、腰痛も同時に改善させていきます。