安産のための鍼灸

「昨日まで働いていて、やっと産休に入りました〜。」という33週の妊婦さん。

男性が多い会社で、妊婦さんでもバリバリ働かなくてはならず、首肩こり、そして疲労困憊です。

 

首肩こりの緩和、疲労回復、そして、自然に安全にお産が進むように身体を整えていきます。

だんだんお腹が大きくなると、今度は腰や股関節が辛くなってきました。

 

身体を整え、安産の準備を進めていくと、38週の頃にはお腹がはち切れそうに大きくなりました。

「そろそろ出てくるのかな?」と言っていたら、38週の終わりに産気づき、無事にご出産されました。

元気な男児です。おめでとうございます。