アンチミューラリアルホルモン(AMH)の向上

不妊症の方から、鍼灸を受けるようになってからアンチミューラリアンホルモン(AMH)が向上したとよくご報告を頂きます。

先日もそのようなご報告を頂き、鍼灸はAMHの値を向上させるのではないかと思っています。

 

アンチミューラリアンホルモン(AMH)は発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンで、受精できる卵がどれぐらい残っているかを判断する値です。

AMHは卵巣の予備能(卵巣の中に残っている卵子の目安)を反映するので、この数値が向上することはないと考えられています。

このAMHが向上するので医師が不思議がるそうです。

 

鍼灸を受けるようになってからAMHが上がったということは、身体が妊娠しやすい身体に変化した証になるのですが、それを証明するほどの症例数はないので「なぜそのようなことが起きたの⁉」といった不思議であり、科学的とは言えません。結果を得た人はラッキーです。

 

病院での治療は治験を重ねたものですが身体に負担がかかります。

鍼灸のような身体が元気になる施術を受けた方が結果が導けることがあります。

 

悩みながら五里霧中の中、進んでいらっしゃる方が、鍼灸を選んで当院を訪れた時は誠心誠意の鍼灸クラニオ整体を提供いたします。

 

Facebook