ALS・筋萎縮性側索硬化症

2019年の参議院選では、重度障害者である舩後靖彦さん、木村英子さんが当選しました。国は全身麻痺がある二人が国会に登院できるよう、急いで国会のバリアフリー化を進めています。

日本は国会に限らず、まだまだバリアフリーが進んでいません。

障害者も含めた国民が活躍できる社会こそ「一億総活躍社会」ですから、このお二人の当選をきっかけに、日本の福祉が進歩していく事を祈っています。

■ALSとは?

舩後靖彦さんはALS(筋萎縮性側策硬化症)です。この病気は身体の筋肉が少しずつ萎縮していき、徐々に動けなくなっていく病気です。

筋萎縮が進む場所は人それぞれで、呼吸筋が萎縮してしまうと呼吸が困難になり、人工呼吸器を必要とします。

■ALSと鍼灸

ALSの方が症状の進行を抑える目的で、鍼灸を利用する事があります。鍼灸がALSを治す訳ではありませんが、お持ちの症状が和らぎ、生活の質が上がります。

当院にいらしていたALSの方は、鍼灸の施術を受けるようになってから、歩きながらお話しできるようになったり、湯船につかった時にお湯の水圧を軽く感じるのとの事で、積極的に来院されていました。

鍼灸の施術後は、自分の力でいつもより高く足があげられると喜んでいました。

難病などの困難があっても立ち向かっている方の姿を見ると、こちらも力をもらえます。お身体の症状が和らぐように鍼灸でお手伝いさせて頂きます。