ALS(筋萎縮性側索硬化症)

2019年の参議院選は重度障害者である舩後靖彦さん、木村英子さんが当選しました。障害を持った方が当選するのは前代未聞のことです。これは、社会が大きく変わっていくかもしれませんね。

国はまず、全身麻痺がある二人が登院できるよう、早急に国会のバリアフリー化を進めなくてはなりません。

国会に限らず、日本はまだまだバリアフリーが進んでいません。お二人の当選をきっかけに日本のバリアフリー化が進み、福祉が躍進していくことを望みます。

 

舩後靖彦さんの病気はALS(筋萎縮性側策硬化症)です。ALSは身体の筋肉が少しずつ萎縮していき、徐々に動けなくなっていく病気です。呼吸筋が萎縮すると、人工呼吸器が必要になります。

 

そして、鍼灸はこのALSの症状緩和に利用されています。

当院にいらしていたALSの方は、鍼灸を受けるようになってから、歩きながら話ができる、湯船につかった時にお湯の水圧を軽く感じるなどの変化を感じ、積極的に来院してくれました。

鍼灸の後は、自分の力でいつもより高く、足を挙げられると喜んでくれました。

 

難病という困難があっても立ち向かっている姿や、難病があるも関わらずメンタルが元気な方をみると、こちらが元気を貰っているように感じます。

私は少しでも生活の質が上がるように、鍼灸を通してお手伝いさせて頂きます。