女性の体と血(けつ)

女性の体は血(けつ)と関わりが深いです。女性は初潮を迎えてから毎月、血を流します。血は胎盤を作り、胎盤に栄養を送ります。出産で多くの血を消耗し、産後は血から母乳を作り出します。

女性は人生の中で血を消耗するようなイベントが多くある為、「血虚(けっきょ)」(血の働きが足りない状態)になりやすいです。

血虚になると、顔色が青白い・手足の冷え・抜け毛・めまい・不眠・疲れやすい・痔・イライラ・眠い・立ち上がりにふらつくなど様々な症状が起こります。

血が不足しやすい女性は「血を補う」ことを心がけて生活すると良いでしょう。

素早く体の血肉になるものを補給するには「臓をもって臓を補う」という考えで、レバーを食すると良いでしょう。

血を補う食材としては、肉類(レバー・牛肉の赤身・鶏肉など)・魚アサリ・ほうれん草・小松菜・ヒジキ・黒ゴマ・黒豆・黒砂糖・キクラゲ・クコの実などが「補血」の作用がある食べ物として挙げられます。

胃腸虚弱のかたは、消化のよい食材を好み、肉魚を食することが少ないことがあります。食に関してはいろいろな考えがあるので一概には言えないのですが、バランスよく何でも食べている方のほうが元気だと感じています。

胃腸が弱い方は、暑さや湿気に弱いです。夏バテなどを起こさない為にも、常日頃から血を補うことを意識した食生活にすると良いかもしれません。