逆子

通常、お腹の中の赤ちゃんは頭を下にしていますが、逆子(骨盤位)の場合、赤ちゃんが横や上を向いている状態になっています。殆どの逆子は妊娠28週~32週の間に赤ちゃんの頭が重くなることで自然と治ります。

逆子は、胎児が小さい方が子宮内に動く余裕があるため、廻りやすいです。そのため、胎児があまり動かず常に定位置にいるは早めに(28週目あたりから)鍼灸治療を始めたほうが良いと思います。逆子だけどよく動いている赤ちゃんは、32週あたりから治療を始めるぐらいで良いと思います。

家でお灸ができる方は、「至陰」というツボにお灸をしてみるのも良いですし、当院でお灸のみも対応しています。

*逆子の灸のみ500円
*足にむくみなどがあり、灸と少し鍼をした場合は1000円

*足の小指、爪の下角から1~2mm程度斜め下(イラストの黒い点部分)にツボを取ります。両足の小指にお灸して下さい。

基本的に、当院の逆子治療は、鍼灸の全身治療です。妊娠中の冷え・むくみ、腰痛、お尻の痛みなどがあると、お腹が固くなって、あかちゃんがうまく回ることが出来ません。逆子は、一回の鍼灸治療で効果が出る場合もあれば、治療に回数が必要な場合もあります。