逆子

通常、お腹の中の赤ちゃんは頭を下にしていますが、逆子(骨盤位)の場合、赤ちゃんが横を向いていたり、上を向いている状態になっています。

出産時は一番大きな頭から産道を通過しないと赤ちゃんが危ないので、出産時までに逆子が直らないと帝王切開をする事になります。殆どの逆子は妊娠28週~32週の間に赤ちゃんの頭が重くなることで自然と治ります。

逆子の場合、妊婦さんは逆子体操などをして、逆子が治るように努力されていると思います。真夏なのに下腹部を温めてふーふー言っている方もいらっしゃいますね。

逆子は本来は自然と治るものですが、胎児が小さいうちの方が子宮内にスペースがある為回りやすいので心配な方は早めに治療したほうが良いでしょう。

経験則ですが、早めに逆子治療をしたほうが良いと思うのは、胎児があまり動かず常に定位置にいる方です。このような赤ちゃんは動きにくく、回りにくいので28週頃には鍼灸治療を始めることをお勧めします。

逆子だけどよく動いている赤ちゃんは、32週頃から治療を始めれば良いと考えております。

家でお灸ができる方は、「至陰」というツボにお灸をしてみるのも良いでしょう。「至陰」は足の小指の爪の下の角から1mm~2mmぐらいの所にあります。

*足の小指、爪の下角から1~2mm程度斜め下(イラストの黒い点部分)にツボを取ります。左右共、お灸して下さい。

当院の逆子治療では、全身治療をして「逆子灸」をします。一回の鍼灸治療で効果が出る場合もあれば、治療に回数が必要な場合もあります。