逆子

通常、お腹の中の赤ちゃんは頭を下にしていますが、逆子(骨盤位)の場合、赤ちゃんが横や上を向いている状態になっています。

殆どの逆子は妊娠28週~32週の間に赤ちゃんの頭が重くなることで自然と治ります。

逆子は、胎児が小さい方が子宮内にスペースがあるため、廻りやすいです。そのため、胎児が2000グラム以下のうちに逆子治療をすると良いと言われています。

家でお灸ができる方は、「至陰」というツボにお灸をしてみるのも良いでしょう。

*足の小指、爪の下角から1~2mm程度斜め下(イラストの黒い点部分)が逆子灸のツボ(至陰)です。できたら、三陰交にもお灸しましょう。

当院の逆子治療は、鍼灸による全身治療です。

妊娠中の冷え・むくみ、腰痛、お尻の痛みなどがあると、お腹が固くなってあかちゃんがうまく回ることが出来ません。

妊娠中のお身体を整え、逆子ちゃんに回ってもらいましょう。