めまい・耳鳴り・突発性難聴・耳管閉塞感

・めまい

耳からくるめまいとして(メニエール病、突発性難聴・原因不明)、脳からくるめまい(仮性ダンディ症候群・良性頭位変換性めまい)、自律神経からくるめまい(起立性低血圧)などの症状の方に鍼灸の施術してきました。

めまいがある方は、首肩に緊張があることが多く、この緊張を和らげます。また、頭皮のむくみ、耳周りのむくみなど、身体の様々な場所に反応が現れています。これらの緊張や反応に対して鍼灸の施術していくことで、身体が変化し、めまいが軽減していきます。

薬を飲んでも変化がない方や、めまいが強く殆ど寝ている方などに鍼灸の施術してきましたが、めまいが軽減し、元気に生活を送られるようになりました。

・耳鳴り

耳鳴りの訴えはとても多いです。突発性難聴に伴う耳鳴りなどは、適切な時期に鍼灸の施術をする事で軽減していきます。

また、他の耳鳴りも、鍼灸の施術で身体を整えることで、音が小さくなるなどの変化が起きています。

・突発性難聴

突発性難聴は、発症から2週間以内に鍼灸の施術を始めるのが望ましいと言われています。発症してから一定の時間が経過してしまうと、治りが悪くなると言われています。

突発性難聴は、多くの薬を処方されますが、あまり薬が多いと余計、身体に水が溜まり、むくみが強くなることがあります。身体の水の流れをよくすることが改善に繋がることも多い疾患ですから、服薬により、身体に水が溜まっていては症状が改善していきません。

症状の改善が見られないときは、早めに鍼灸の施術を受けてみるも良いかと思います。

・メニエール病

メニエール病は回転性のめまいや耳鳴りを起こします。内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態でめまいが起こるので、内リンパのむくみを改善するように、全身の水の流れがよくなるように鍼灸の施術をします。身体が変化すると、回転性のめまいが起こりにくくなります。

・耳管の閉塞感

耳管の閉塞感は、飛行機の搭乗やダイビングなどの気圧の大きな変化により起きたり、また、気圧の大きな変化がない生活の中でも起きることがあります。

耳鼻科では中耳に空気を入れる(耳管通気)を行ないます。耳管通気をしても、改善が見られない方などが来院されます。

鍼灸の施術では、耳周りの浮腫や頭皮のむくみを取り除き、身体の水の流れを良くする事により耳の閉塞感に変化を起こします。

様々な耳の疾患やめまいにお悩み方が、最初に鍼灸の施術を選択することは少ないです。しかし、鍼灸の施術を受けることで、これらの疾患が改善し、元気になっている方々はいらっしゃいます。

関連ブログはこちらから