めまい・耳鳴り・突発性難聴・耳管閉塞感と鍼灸治療

・めまい

耳からくるめまいとして(メニエール病、突発性難聴・原因不明)、脳からくるめまい(仮性ダンディ症候群・良性頭位変換性めまい)、自律神経からくるめまい(起立性低血圧)などの症状の方に鍼灸治療してきました

浮動性めまい・回転性めまいは、服薬してもあまり改善しない方が鍼灸院にいらっしゃいます。

めまいは鍼とお灸の両方を使い治療します。

鍼灸治療により、めまいの軽減・改善がありました。めまいが強く、生活の多くを横になって過ごしていた方が、鍼灸治療により日常生活が取り戻せました。

・耳鳴り

年配の方の耳鳴りの訴えはとても多いです。耳鳴りは原因によっては良くなります。また、鍼灸治療で身体を整えることで、耳鳴りが軽減することもあります。

・突発性難聴

突発性難聴の場合は症状が起きてからできるだけ早く鍼灸治療を開始しましょう。

突発性難聴は、早期であるほど改善率が高いです。発症から2週間以内には鍼灸治療を始めるのが望ましいです。発症してから一定の時間が経過してしまうと、極端に治りが悪くなる症状です。

・メニエール病

メニエール病は回転性のめまいや耳鳴りを起こします。内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態でめまいが起こるので、内リンパのむくみを改善するように、全身の水の流れがよくなるように鍼灸治療をします。

・耳管の閉塞感

耳管の閉塞感は、飛行機の搭乗やダイビングなどの気圧の大きな変化により起きたり、また、気圧の大きな変化がない生活の中でもおきることがあります。

耳管の閉塞感は、耳鼻科では中耳に空気を入れる(耳管通気)を行ないます。

鍼灸治療では、耳周りの浮腫や頭皮のむくみを取り除き、身体の水の流れを良くする事により耳の閉塞感に変化を起こします。

突発性難聴・メニエール病・耳管閉塞感は鍼とお灸の両方を使い、より効果的な鍼灸治療を提供いたします。