首の痛み・寝違え

朝起きた時に首が痛くて動かない・生活の中で徐々に首が痛くなり動かなくなる、といった症状が起こる時があります。

これは、「ぎっくり」の症状が首に起きたもので、朝起きたときの起こることが多いので「寝違え」と表現されます。

病院では注射をしたり、痛み止めを服用して治療しますが、症状が重いと改善しない事があります。また、症状が改善したと思ってもまた直ぐに首が動かなくなる事があります。

何度も首が痛くなる方は、疲労やストレスの積み重ねに身体がSOSを出していのでしょう。

そんな時は、鍼灸の施術で身体本来の力を取り戻しましょう。身体に力が戻ると、首が痛くて動かなくなるといった状態が変化します。

「寝違え」と言われる症状は「ぎっくり」と同じで、1~3回程度で改善することが殆どです。