首の痛み・寝違え

朝起きた時に首が痛くて動かない場合や、日常生活の中で首が痛くなり動かなくなる事があります。これは、いわゆる「寝違え、寝違い」と言われる症状で、ぎっくり腰が首に起きた症状です。「ぎっくり」の症状は全身どこでも起こります。

この「ぎっくり」の症状、病院では注射をしたり・痛み止めを服用しますが、すっきり治らないことが多いですね。それは、慢性的な筋疲労が限界にきているので痛み止めで痛みの緩和するだけでは、筋疲労を回復しきれないからです。

首が動かないと辛いこの症状ですが、1~3回の鍼灸治療で大きく改善させることが出来ます。

慢性的なこりは、放置しておくと関節や骨を圧迫し、ヘルニア・頚椎症性神経根症・変形性頚椎症などの誘因になります。

頻繁に首が動かなくなるような方は痛み止めに頼らず、鍼灸治療でこりをきちんと解消したほうが良いでしょう。お悩みの方はご相談ください。