首の痛み、寝違え、頚椎症性神経根症、変形性頚椎症など

・首の痛み、寝違え

朝起きた時に首が痛くて動かない場合や、日常生活の中で首が痛くなり動かなくなる事があります。これは、いわゆる「寝違え、寝違い」と言われる症状です。「ギックリ腰」ではなく「ギックリ首」とも表現できます。
この症状は、全く首が動かなくても、1~3回の鍼灸治療で大きく改善させることが出来ます。・首の痛み、手の痛み・シビレ等

首が痛いだけでなく、手に痛み・シビレがでたり、握力が低下してくる症状があります。これらの症状は、頚椎症性神経根症や変形性頚椎症などによって起こります。この症状の来院は多いです。
直ぐに改善する症状ではありませんが、手のシビレ・痛みが軽減し、首の可動域が回復がされてくると、顔色も良くなり表情が明るくなります。握力の回復し、物が握れるようになることで生活の質が大きく改善していきます。