腰部椎間板ヘルニアの手術後

腰部ヘルニアの手術から1年3か月が経ったけれど、腰から臀部、足への痛みがまだ消えないという方が来院されました。

腰部ヘルニアは、旅行先で発症、動けなくなり緊急で手術をしたそうです。腰部ヘルニアの手術は成功していて、MRIの画像的には問題はないそうですが、痛みが強いとのことです。

目に見えない「痛み」、この「痛み」緩和こそが日常生活を送るのに一番大切です。

左足を軽く引きずるように歩いています。腰、臀部から下肢への痛み、痺れ、冷感、動きづらさがあります。

1回目の治療後、下肢の筋肉は柔らかくなっていました。歩き方が改善されるほどの大きな変化はありませんでしたが、足指が動かしやすくなったそうです。

鍼灸治療を5回目、体を前に曲げて歩いていましたが、背中を伸ばして真っ直ぐに立てるようになりました。

下腿の筋肉の弱さから足首がきちんと持ち上がらないのが、以前より足を引きずらないで歩けるようになりました。

ご本人としては、冷え、むくみ、痺れが良くなればという希望があります。

これから、寒さに向かうと、冷えやむくみ・痺れを強く感じる季節となります。去年より冬が過ごしやすくなるように鍼灸治療を進めていきます。