尊厳死と、それを看取る人

以前、慢性腎不全の方が来院されていました。

慢性腎不全はクレアチニン値が8を超えると尿量が減り、貧血、吐き気、食べれない、むくみ、呼吸困難などが起こり、人工透析をしないとあっという間に死に至ります。

患者さまは人工透析を受けながらの生活は辛いと考え、「80年以上生きたから、透析はしないで安らかにその時を迎えたい」といった生前意思を日本尊厳死協会を通し、家族へ伝えていました。

 

しかし、これには家族が納得できず、娘さんからは「人工透析をするように、先生から説得して欲しい」と言われていました。

私も患者さまとは、何年間ものお付き合いで、身近で親しいおばあちゃんです。この方のクレアチニン値が上がったらお別れになる、という現実に悩みながら施術をしていました。

 

やがて、クレアチニン値が8を超える日がやって来ました。ある時からクレアチニン値が上がり始め、体調が悪くなり、通院が出来なくなりました。

患者さまはすぐに入院ができなかったので、自宅に往診に行きました。患者さまはむくみ、黒ずみ、呼吸が苦しそうに横たわっていました。

それでも、鍼をするとむくみが引き、顔色が変化し、呼吸が楽そうになりました。そして、施術が終わる頃にはすやすやと眠っていました。

鍼をして体調が上向き、「病院への移動は救急車でなく、家の車で。」という患者さまの希望が叶いました。

 

それから、患者さまは入院され、しばらくして息を引きとりました。潔い、安らかな死であったそうです。

しかし、娘さんは母親の死が受け入れ難く、気持ちの整理がつかない日々を送っていました。尊厳死はお母さまの意思ですが、娘さんにとっては「看取る覚悟が出来ないまま迎えた死」となりました。

しばらく、ふさぎ込み、落ち込んでいました。(今はお元気で、気持ちが変化しました。いつか、この続きを書きたいと思います。)

 

尊厳死が認められている国は意外と多いそうですが、残される側の気持ちもあり、難しい問題です。

逝く側と看取る側、お互いの気持ちが尊重されるように、よく話し合い、方向性や気持ちの一致があると良いですね。