季節の変わり目の体調不良

季節の変わり目は体調を崩す方。1年の中でもこの時期だけは苦手…と来院される方がいます。

 

季節が冬から春へ

冬から春へ変わる時に来院される方は、普段は腰痛になりやすく、春先は気持ちが酷く落ち込みます。

「これはまずいな」と思うほど気持ちが落ち込んだ時に、腰痛があるからとりあえず鍼灸院に来ました。

鍼灸で気分の落ち込みも良くなるとは思っていなかったそうで、腰も気分も軽くなって驚いていました。それから、冬から春になる頃は来院されるようになりました。

 

季節が夏から秋へ

夏から秋へ季節変わる時に体調を崩す方は、夏の間に身体に水を溜めてしまいます。身体に溜まった余分な水分は、涼しくなると冷えを作ります。

そして、浮腫みや膀胱炎を起こします。

 

鍼灸は夏の疲れをとりながら、浮腫みや膀胱炎を改善します。

ある方は膀胱炎になってから来院されます。膀胱炎になる前に鍼灸を受けて予防するのが一番だと思いますが、暑い夏に遠くから来院したくないそうです。なるほど、それも一理ありますね。

 

Facebook