坐骨神経痛

坐骨神経痛はざまざま納原因で起こる疾患

坐骨神経痛は、お尻・大腿、ふくらはぎ、足に痛みやシビレが起きる症状です。

治療として、痛み止めの服用、または注射、電気、その他の療法などで改善を感じなかったと鍼灸院に来られます。

坐骨神経痛が激痛で歩けない

坐骨神経痛と診断を受けていて、痛み止めの服用で凌いでいる方は多いです、しかし、服薬では改善せず、激痛で歩けないようになってから鍼灸院に来る方が多いです。

悪化して、はじめて薬以外での治療を探し、鍼灸の施術にたどり着くのですね。しかし、激痛になると通院が大変です。

鍼灸の施術が気になっている場合は、症状が極端に悪くならないうちに一度ご来院ください。

坐骨神経痛は原因によって経過が変わる

坐骨神経痛は様々な原因によって起こるので、原因によって改善の速さは異なります。

長期的な痛みは筋肉を痩せさせる(筋萎縮)

筋萎縮とは、痛みが長く続き、痛みがある場所の筋肉を使わずに過ごし、その筋肉が痩せてきた状態を指します。

お尻の筋肉が痩せてしまっていると改善に時間がかかることが多いです。

坐骨神経痛は改善する

坐骨神経痛は、同じ診断名でも改善のスピードにかなりの差がでる疾患です。しかし、きちんと鍼灸の施術をしていけば痛みは和らぎ、歩けるようになり、日常生活を取り戻すことができる疾患です。

関連ブログはこちら