つわり

鍼灸や漢方でつわりを和らげる

つわりは妊娠初期に起こる吐き気・嘔吐等の症状です。他にも頭痛・ひどい便秘・食欲不振などのさまざまなマイナートラブルが起こります。

何ともし難い「つわり」の症状を和らげるのに鍼灸や漢方が利用されています。

鍼灸には吐き気止めのツボが存在する

ツボには吐き気止めのツボがあり、こちらに鍼やお灸をする事でつわりの吐き気を軽減させます。このツボにより、つわりの吐き気が軽減したというデータも得られています。

つわりを軽減させるには、吐き気止めのツボだけでなく、全身調整していきます。もともと持っていた肩こりや腰の張り、冷え、のぼせ等の症状も整えていくことが大切です。

つわりの時期に鍼灸の施術を受け、つわりを軽くし、妊娠初期を乗り越えている方がいらっしゃいます。当院には、特に妊娠中も仕事をしている方のご利用が多いです。

つわりは軽減するが、消失する訳ではない

鍼灸によりつわり症状は軽減しますが、消失するとは言えません。つわりが半減、もしくは8割減したとの感想は頂きますが、また疲れたりしてくるとつわり症状は戻ってきます。

妊娠初期は大切な時期です。できるだけ、身体に負担をかけずにゆっくりと過ごしましょう。

悪阻(おそ)といわれる症状になると改善が難しくなる

悪阻(おそ)とは、つわり症状がひどくなり、食べれない、水も飲めない程つわり症状が強くなった状態です。ここまで症状が進むと、通院自体が困難になりますし、症状のコントロールも難しくなります。

通院が可能なぐらいのつわり症状のうちにご来院下さい。

つわりがが和らいだからといって、がんばらないで欲しい

施術を受けてつわりが楽になると、患者さまは、またいろいろと動こうとする方がいらっしゃいます。しかし、妊娠初期に動きすぎると切迫流産の確率も上がります。

妊娠中の様々なマイナートラブルを避け、妊娠生活を楽しめるように、周りに助けてもらいながら大事に過ごしましょう。

 

関連ブログはこちらから