産後の体調不良、うつ乳

産後の身体を鍼灸で回復する

お産を終えた身体は体力の消耗、お産の傷が癒えていない、骨盤の歪み、血の不足があり様々な症状を起こしやすいです。

産後に腰痛、四十肩、突発性難聴、顔面神経麻痺、風邪を繰り返す、不眠などでお悩みの方が来院されています。

鍼灸はお産と育児で疲れた身体を優しく癒し、身体の調子を良くします。

 

うつ乳・乳腺炎を鍼灸で回復する

うつ乳や乳腺炎はおっぱいだけでなく、全身症状として発熱、頭痛、吐き気などを起こします。

うつ乳や乳腺炎は、乳腺の詰まりを取るだけなく、産後に疲労や寝不足で弱った身体を整える必要があります。

鍼灸は身体を整える施術なので、身体を回復させながら乳腺の詰まりを和らげていきます。

ただし、乳腺炎の場合は乳腺から膿が出たり、血が出たりと病院でないと対応できないものがあります。

鍼灸ではうつ乳(おっぱいの一部が硬くなっている状態)や乳腺炎でも薬や切開の処置を必要としないものが対応になります。