産後や育児中の体調不良・うつ乳

産後の身体は不安定で、さまざまな症状を起こします。産後に起こす症状として、子宮復古不全、膀胱炎、うつ乳、産後うつなどが知られています。

当院には、産後に突発性難聴・顔面神経麻痺・四十肩を発症した方がいらっしゃったのが記憶に新しいです。

他にも、産後や育児中のお母さんが疲れ・眠れない・風邪ばかりひいている・腰痛などの不調でいらっしゃっています。

鍼灸はお産や育児の疲労を回復する

産後や育児中起きる症状は、母体の虚弱によって起こります。身体の力を取り戻す鍼灸の施術は、産後や育児中のお母さんの身体を整えてくれます。

当院は気持ちの良い施術を提供するので、施術中にウトウトしたり、寝ている方が多いです。どうそ、癒されて元気をとり戻してください。

疲労の蓄積はうつ乳を起こす

うつ乳は食事面を気を付けるように言われますが、食事だけでなく、母体の疲労の蓄積がうつ乳を起こすことも多いです。

鍼灸でうつ乳を整える

うつ乳の時は「乳房外来」を受診する方が多いと思いますが、当院にも、産前からご利用いただいている患者さまがうつ乳で来院されています。

鍼灸で身体で起こす身体の変化は大きいと感じている方は、うつ乳も鍼灸で改善させています。

うつ乳でおっぱいが熱を持っている時

うつ乳は乳腺炎になる手前で、おっぱいが熱を持っている事があります。

たまに、おっぱいが熱を持っているのに温めたり、揉んでしまう方がいらっしゃいます。これでは、おっぱいにある熱(炎症)を強め、症状が悪化してしまいます。

熱を感じたら冷やす、また、やたらと揉んだりしないようにしましょう。

産後や育児中のお母さんは身体もおっぱいもとてもデリケートになっています。むやみに温めたり揉んだりしないように、状況に応じて適切に対処しましょう。

 

関連ブログはこちらから