産後の体調不良、うつ乳

産後の身体を回復する

お産を終えた身体は体力の消耗、お産の傷、骨盤の歪み、血の不足があります。

お産でボロボロになった身体は腰痛、四十肩、突発性難聴、顔面神経麻痺、風邪を繰り返す、不眠などの様々な症状を起こします。

鍼灸はお産と育児で疲れた身体を優しく癒し、これらの症状を改善していきます。

 

うつ乳・乳腺炎

うつ乳や乳腺炎はおっぱいだけでなく、首肩こり、頭痛、吐き気、ひどくなると発熱も伴います。

皆さん、おっぱいのトラブルが起こると「おっぱい外来」を選択します。

おっぱい外来は硬くなったおっぱいを柔らかくするだけでなく、どの乳腺が詰まっている、授乳指導などきめ細やかなサービスを提供しています。

育児の不安の相談、赤ちゃんの体重など幅広く対応してくれます。

 

おっぱいの詰まりはおっぱいだけの問題ではなく、産後と育児で疲れた身体が起こすトラブルでもあります。

鍼灸には疲れを飛躍的に回復する力があると知っている方は、身体の調子を整えることとおっぱいの硬さを取る為に鍼灸を利用しています。

授乳指導や育児相談などの幅広いサービスが必要ない方には鍼灸も選択肢の1つになります。

*発熱がある、膿がでるような場合は鍼灸の適応外です。

 

 

Facebook