手の痛み・シビレ・握力低下

手の痛み・シビレ・握力低下の症状は、頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)、変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)の方が多いです。

施術後は手の血色が良くなる、手が握れるようになる、手が動くようになる等の改善がみられます。

改善の早さに個人差はありますが、手の痛み・シビレ・握力低下といった症状はきちんと改善していく症状です。

病院にいたときはレントゲンを見ることが出来ました。レントゲンに骨が酷く変形しているのが写っていても直ぐに改善したり、首の骨の変形が小さいのになかなか改善しないことがありました。

人の痛みや症状は画像に写りません。レントゲンに写ったものだけでは症状や改善を計ることも出来ません。

当院は目に見えるもだけに囚われず、その方の痛みや症状、身体と向き合って施術をしています。