手の痛み・シビレ・握力低下

「手の痛み・シビレ・握力低下」といった症状。下記のように診断されている方の来院が多いです。

・頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

・変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)

・手根管症候群

施術後にはっきりとした改善が見られる方は、明らかに手の血色が良くなり、手が握れるようになったり、動くようになったりしています。

 

病院勤務しているときは、首のレントゲン画像を見てから鍼灸の施術を行いました。

レントゲンを見て首の骨がひどく変形していても早く改善したり、首の骨の変形が少ないのに改善が遅いこともありました。

このことから、画像に写ったものだけで症状の重症度や深刻さは測れない、といったことを肌で感じました。

人の持つ痛みが画像に映る事はありません。

 

鍼灸クラニオ整体は、画像に映るもの、目に見えるものだけに囚われず、痛みや症状、その人自身の身体と向き合って症状の改善をしていきます。