手の痛み、シビレ、握力低下

手の痛み、シビレ、握力低下といった症状の方は、

・頚椎症性神経根症
(けいついしょうせいしんけいこんしょう)
・変形性頚椎症
(へんけいせいけいついしょう)
・手根管症候群
(しゅこんかんしょうこうぐん)

と診断されている方の来院が多いです。

施術後は手の血色が良くなる、手が握れるようになる、手が動くようになる等の改善がみられます。

 

整形外科に勤務していた時はレントゲン写真を見ることができました。

レントゲンに写った首の骨の変形が大きい小さいなどで、症状の重症度や改善の早さを測ることは出来ませんでした。

首の骨がひどく変形していてもすぐに改善がしたり、逆に、首の骨の変形は殆ど無いのに改善が遅いことがありました。

 

人の痛みや症状は画像に写りません。

レントゲンに写るものや目に見えるものだけに囚われず、その方の痛みや症状、身体と向き合った施術を提供していきます。