顔面神経麻痺

顔面神経麻痺は顔半分に麻痺が起こり、顔半分が動かなくなる疾患です。

顔面神経麻痺で「ベル麻痺」と呼ばれる麻痺は、単純ヘルペスウイルスの再活性化によるもの、「ラムゼイハント症候群」は、帯状疱疹ウイルスの再活性化によって起こります。

 

どちらの顔面神経麻痺も抗ウイルス薬や神経の浮腫を抑えるステロイド剤を使用して治療します。

 

それらの治療に付随して受けたいのが「鍼灸クラニオ整体」です。

ベル麻痺を発症して3週間後から「鍼灸クラニオ整体」を受け、顔面神経麻痺スコア12点(40点満点)から36~38点まで回復したなどの症例があります。(顔面スコアは病院で計測)

 

顔面神経麻痺は身体の免疫力が落ち、普段は弱く害がないウイルスが活性して起こる疾患で、施術で身体の免疫力を高める必要があります。

また、麻痺している筋肉に対してもアプローチします。基本的に顔に鍼をしますが、痛みは殆どありません。通電はしません。

 

顔面神経麻痺の改善は緩やかです。施術を重ねるていく中で、少しずつ口周りのつっぱり感が軽くなったり、瞼が閉じやすくなったなどの改善が起きます。

顔面神経麻痺のような末梢性の麻痺は、早いタイミングで施術を受けるほど、改善率が高くなります。