顔面神経麻痺

顔面神経麻痺になると顔半分が動かなくなります。突然、顔半分が動かなくなるということの精神的なショックは計り知れません。

「ベル麻痺」は単純ヘルペスウイルスの再活性化、「ラムゼイハント症候群」は帯状疱疹ウイルスの再活性化により起こります。

どちらの顔面神経麻痺も抗ウイルス薬と神経の浮腫を抑えるステロイド剤で治療します。

 

顔面神経麻痺の時は点滴や服薬だけでなく「鍼灸クラニオ整体」を受けると改善率が高くなります。

顔面神経麻痺は身体の免疫力が落ち、普段は弱くて害がないウイルスが活性して起こるので、鍼灸のような治癒力を高める施術が力を発揮します。

顔面神経麻痺の改善は緩やかです。少しずつ瞼が閉じる、鼻翼が動く、口角が上がる、といった変化が起きます。

顔面神経麻痺は早いタイミングで鍼灸を始める方が良く改善します。

当院にはベル麻痺を発症して3週間後から施術を始め、顔面神経麻痺スコア12点(40点満点)から36~38点まで回復したなど、様々な症例があります。(顔面スコアは病院で計測しています)