膝の痛み・変形性膝関節症

当院には、膝の痛み、膝が伸びない、曲がらない、O脚に変形している、スポーツによる膝の損傷がある方が来院されています。来院が一番多いのは変形性膝関節症(膝の骨が変形している症状)です。

膝の痛みを鍼灸で改善する

鍼灸の施術のより起こる膝の変化は、

・膝の痛みの緩和
・膝の動きが広がる
・O脚の矯正

などが挙げられます。

鍼灸の施術により歩き方が変わると、生活の質が向上します。筋力が著しく落ちている方は痛みが減ってきた時に、リハビリも始めてもらえるとより効果が上がります。

膝の変形が小さい方(初期~中期)

膝の変形が小さいうちに鍼灸の施術を受けた方は、膝の動きに問題がなくなり、正座が可能になる方もいます。

足がO脚に変形して、膝が殆ど曲がらなかった方(末期)

「手術しかない」と言われるほどの変形が強くても、鍼灸の施術により、立っていられる時間が増え、降りれなかった段が降りれるようになり、トイレに座ったり立ったりが楽になるという改善が起きています。

膝の変形が強い方は正座ができるようにはなりませんが、近所に買い物に出かけたり、旅行にいかれたりとご自身の生活を取り戻しています。

自分の膝関節で生活するために

膝の変形が進めば進むほど、改善に時間が掛かります。そして、治療手段を選べるうちに鍼灸の施術をご検討ください。症状が進むと、最終的に治療手段が手術しかなくなります。

また、手術が決まっていても、鍼灸の施術を受ける意味はあります。きちんと膝や身体を整えてから手術を受けると術後の経過が良くなります。

何よりも、ご自身の膝で過ごせることは、身体への負担が少ないです。長い年月使う膝ですから、メンテナンスをしながら良い状態で過ごしましょう。

鍼灸により膝を改善し、ご自身の膝で何年も過ごされている方がいらっしゃいます。長く元気で生きていく為には、痛みを我慢せずにメンテナンスをする事が大切だと感じています。

 

関連ブログはこちら