椎間板ヘルニア

椎間板は骨と骨の間にあるスライム状の物質で、骨を守るクッションの役目をしています。この椎間板に圧力がかかり、椎間板が飛び出してしまったのが椎間板ヘルニアです。

椎間板は自分の組織なので、椎間板が飛び出しても、痛みやシビレがでない限り問題はありません。飛び出した椎間板は自然と吸収されていきます。

問題になるのは椎間板が飛び出し、神経が圧迫され、激しい痛みやシビレが出てしまった時です。

 

椎間板ヘルニアの痛みは鎮痛剤、ブロック注射、鍼灸などで治療していきます。

椎間板ヘルニアは手術といった手段もありますが、日常的に首や腰に負担がかかって椎間板ヘルニアになっている場合は、単にヘルニアを取り除くだけでは、負担を掛けていた首や腰は良くなりません。

 

椎間板ヘルニアは保存療法から始まりますが、この保存療法で椎間板ヘルニアの症状を改善していくことが大切です。

その理由は、保存療法で治した方の予後の方が良いからです。

「鍼灸クラニオ整体」は身体を変え、ヘルニアのある首や腰の状態を整え、椎間板ヘルニアの症状を改善させていきます。