椎間板ヘルニア

椎間板は骨と骨の間にあるスライム状の物質で、骨を守るクッションの役目をしています。この椎間板に圧力がかかり、椎間板が飛び出してしまったのが椎間板ヘルニアです。

椎間板は自分の組織なので、椎間板が飛び出しても、痛みやシビレがでない限り問題はありません。飛び出した椎間板は自然と吸収されていきます。

椎間板が飛び出し、神経が圧迫され、激しい痛みやシビレが出ている時は治療が必要です。まずは鎮痛剤、ブロック注射、鍼灸などで治療していきます。

日常的に首や腰に負担をかけて椎間板ヘルニアになった方が殆どです。鍼灸により、身体の弱い所や負担をかけていた所を整えていきましょう。

椎間板ヘルニアの痛みやシビレがコントロールできれば、椎間板はやがて吸収されていきます。手術はしない(保存療法)で椎間板ヘルニアを克服できると、身体への負担が少ないので、何年も経過した時に身体が元気でいられるでしょう。