椎間板ヘルニア

椎間板は骨と骨の間にあり、骨を守るクッションの役目をしています。この椎間板が飛び出してしまったのが椎間板ヘルニアです。

椎間板は自分の組織なので、椎間板が飛び出しても、痛みやシビレがでなければ問題ありません。

椎間板ヘルニアによる痛み、シビレが起きた時は、まずは安静、鎮痛剤、ブロック注射、鍼灸などで治療します。

当院には「椎間板ヘルニア」と診断された方が鍼灸を受けて、症状が改善しています。

椎間板ヘルニアがある身体は痛みで背中や腰が歪んだり、足の長さが違くなったりしています。

腰や骨盤に力がなくなっていますが、腰や骨盤に力が満ちてくると痛みは抑制されます。

手術ではなく、保存療法(切らない治療)で椎間板ヘルニアの症状がコントロールできれば、身体への負担はとても小さいものになります。