椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは骨と骨の間にあるクッション(椎間板)に圧力がかかり、このクッションが飛び出してしまった状態です。

椎間板は自分の組織ですので、痛みやシビレがない限りは、飛び出していても問題ありません。椎間板が飛び出しても、自然と吸収されていきます。

困るのは、椎間板ヘルニアにより痛みやしびれが強く、ヘルニアが自然に吸収されるのを待っていられない時です。

痛みが強く、痛み止めやブロック注射が効かないと、手術に踏み切る方もいらっしゃいます。

 

当院を訪れるのは、椎間板ヘルニアが痛いながらも何とか生活を送っている方や、手術を躊躇している方などです。

当院は、慢性的な椎間板ヘルニアの症状が、改善した症例がいくつもあります。

 

飛び出てしまった椎間板を手術で切除するのも1つの方法ですが、椎間板が飛び出てしまうような首や腰の状態を変化させないと、根本的な解決にはなりません。

 

「鍼灸クラニオ整体」では身体を変え、椎間板ヘルニアの症状を改善させていきます。

手術は最後の手段とし、手と鍼で椎間板ヘルニアの症状を改善させる方法もご検討下さい。