痛みで歩けない坐骨神経痛

坐骨神経痛が酷くなると、歩けない・座れない・立てない・楽な姿勢がない・患部に触れるだけで飛び上がるほど痛いといった症状になります。

今回いらした男性も歩けないほどの痛みで来院されました。坐骨神経痛と診断を受けてから1年半以上過ぎていて、痛み止めの服用しながら過ごしていました。

今回、はじめて歩けないほどの激痛になり鍼灸院にいらっしゃいました。

身体ががっちりとした男性

この方は、身体がガッチリとした男性でした。お尻の筋肉は少し凹んでいましたが、はっきりとした筋萎縮は認められなかったです。

楽な姿勢が直ぐに見つからず、痛い痛いと言っていて、あまりの痛みにどうなるかと思いましたが、わずか3回の鍼灸の施術で痛みが治まりました。

痛みが強烈でも、筋力が保たれていて、体力があると回復力があるのですね。

直ぐに仕事に復帰されましたが、ご無理されませんように。

女性で細身、お尻の筋肉が痩せている

同時期にいらしている高齢の女性の方は、お尻の筋肉がとても凹んでいて回復に時間が掛かっています。やはり、お尻の筋肉が保てていないと回復に時間が掛かるようです。

それでも、70代の今も現役で仕事をなさっているからすごいです。

身体やお尻にもう少し力が出ているまで、施術にお時間をください。