15周年

「涼鍼灸院」を開業して15周年を迎えました。資格取得してから22年、時が経つのは早いですね。

最近、印象的だったのが、6月に杏鈴堂に通っていた患者さまが2名、当院にいらっしゃったことです。杏鈴堂はわたしが修行していた鍼灸院で、わたしは鈴木由紀子先生の鍼に憧れて、鍼の世界に入っていき、先生の鍼灸院で4年間の修行をしました。

患者さまとは由紀子先生の話に花が咲き、先生の鍼を思いだしました。繊細でダイナミックで、説得力がある鍼でした。

鍼灸はいろいろな施術があり、人の身体はそれぞれなので、どんな鍼の施術を好むかは人それぞれ違います。しかし、多くの方から支持される鍼灸というのは確実にあります。

 

わたしの鍼灸はクラニオ・セイクラル・セラピーとの混合した施術であり、患者さまと1対1の施術です。何人も同時に施術する由紀子先生とはだいぶ違う感じの鍼灸の施術になりました。

しかし、年月を重ね、鍼灸への理解が深まり、感覚が育っていく中で、由紀子先生ゆかりの患者さまが来院されて、先生の話をすることで、先生のような「鍼先に目がある」といわれた鍼を表現してみたいなと思いました。

先生の鍼を思い出し取り入れると、施術後のスッキリ感が増えて「効いている」という説得力が増したように感じました。

しかし、このような施術を好まない身体の方もいますので、どんな施術を提供するか相手をしっかりと見つめることが大切です。

 

鍼灸は全ての人に同じような施術を提供することはありません。それぞれの人に合わせた鍼を選び、刺激量や刺入する深さなど、患者さまにとってちょうど良い施術をチョイスして、身体の変化もちょうど良い量を提供しなくてはなりません。

鍼灸は難しいです。だから、おもしろいのかもしれません。

鍼は怖いと思う方が多いですが、鍼は身体を大きく変化させるので、わたしは施術に鍼を使い続けます。

これからも身体を優しく扱い、優しい鍼刺激で効果を出したいと思います。

 

最後になりましたが、日頃から「涼鍼灸院」をご愛顧いただき、ありがとうございます。これからも一人ひとりに丁寧な鍼灸の施術を提供していきます✨😊