手のシビレ(手根管症候群)と糖尿病

手に痛みとシビレがあり、手根管症候群と診断されている方が来院されました。

夜中に痛みとシビレで目が覚める、また、指がうまく動かないなどの症状でお悩みです。

 

この方は基礎疾患に糖尿病を持っています。糖尿病の方は、東洋医学で「身体に湿が溜まっている」と表現されます。

実際に鍼をうつと、鍼にねっとりとした重さを感じます。身体から湿を追い出すと循環が良くなり、身体がスッキリ軽くなります。

身体の循環が良くなったところで、しっかり腕や手根管にアプローチして1回の施術は終了です。

この施術を数回繰り返すと、シビレが緩和し、だいぶ指が動くようになりました。痛みで眠れないということも無くなり、まずまずの改善です。