手のシビレ(手根管症候群)と糖尿病

手根管症候群と診断されている方が来院されました。

痛みとシビレ、特に夜中に痛みで目が覚めるのが辛いそうです。また、指が思ったように動かせません。

 

この方は基礎疾患に糖尿病を持っています。東洋医学で糖尿病は「身体に湿が溜まっている」と考えます。

糖尿病の方に鍼をすると、鍼にねっとりとした重さを感じ、これが身体に湿が溜まるということだと感じています。

鍼先に感じる重さが少なくなると、身体がスッキリとします。

身体から湿が抜け、身体の循環が良くなったら、今度は腕や手根管にアプローチします。

 

この患者さまは鍼灸を何回か続けて受けて頂きました。そして、痛みとシビレが緩和し、生活に問題が出ないぐらい指が動くようになりました。

患者さまが何より喜んでいたのは眠れるようになったこと、痛みで目が覚めなくなったことです。

痛みとシビレの改善は嬉しいですが、糖尿病をお持ちの方は何かと症状が出易いです。血糖のコントロールを意識しながら生活を楽しんで下さい。