手根管症候群と手のシビレと糖尿病

手の痛みとシビレの症状の方です。手根管の圧迫でシビレが強くなるので、手根管症候群の疑いが強いです。この方は糖尿病もあるので糖尿病の影響で手のシビレ・痛みがでやすいとも考えられます。

糖尿病の身体に鍼をするとしっとり、ねっとり重い感触がします

東洋医学で糖尿病は、身体に湿が溜まった状態だと表現します。実際に鍼をした時に鍼先がしっとり、ねっとり重い感じがします。この感覚があると身体に湿気が溜まっているという事で、身体から湿気を追い出すように鍼灸の施術をします。

糖尿病の方は、身体から湿気が出ていくとスッキリし、身体を軽く感じます。むくみ・だるさ・疲れやすさ・目のかすみ・シビレなどの症状も軽減します。

身体がだるい・重いのは普通でない

糖尿病との付き合いが長くなってくると、身体が重いのが当たり前のようになってきます。でも、身体が重いとかだるいという状態は普通のことではありません。

身体が重い・だるいと感じたら、鍼灸の施術で身体をスッキリさせるのも1つの方法です。

この方は、もう眠れないほどの手の痛みはコリゴリだと鍼灸の施術を継続しています。基本的に手根管症候群に対しての施術がメインになりますが、これを機に身体全体に目を向けて、糖尿病も上手にコントロールできると良いですね。