手のシビレ(手根管症候群)と糖尿病

手根管症候群と診断されている方が来院されました。腕から手に痛みとシビレがあり、夜中は痛みで目が覚めます。また、指が思ったように動かせません。

この方は糖尿病です。血糖のコントロールは上手くいっていますが、糖尿病があるとシビレ症状が出やすいようです。

そして、糖尿病の方は身体に鍼を刺すとねっとりと重い感じがします。このねっとりと重い感じが消えるように鍼灸をしていきます。

 

この方は何回か続けて鍼灸を受け、腕の痛みとシビレが改善し、指が動くようになりました。夜、痛みで目が覚めなくなると、よく眠れて体調も良くなったそうです。

 

糖尿病があるとさまざまな症状が起き易くなります。手の痛みやシビレが手根管の問題だけと思わず、血糖にも気を付け、身体を大事に過ごして下さい。